最新設備を導入して作業の効率化を図る

来る時期

塗料による価格と耐用年数の違い

新築から10年近く経つと、そろそろ外壁塗装リフォームの時期とされています。 とはいえ、この頃の外壁は一見特にどこか支障がありそうに見えないことが多いようです。 ただ、それでも小さなヒビや剥がれがあったり、苔や黒カビが発生していたり、また手で触れると白い粉状のものが手につくといった現象がよく見られます。 実は、これが外壁塗装の劣化を示すサインなのです。 外壁塗装は外観を美しくするだけでなく、雨風や紫外線等の外からのダメージをブロックする役目を持っています。 しかし、劣化が起こるとこの役目を果たせず、雨水等が家の内部にまで侵入してきてしまうのです。 それを防ぐためにも、劣化のサインが見られたらなるべく早く外壁塗装リフォームを検討することが大切です。 なお、外壁塗装リフォームの平均的な価格は、30坪2階建ての場合、50万円から60万円くらいとされています。 しかし、これはあくまでも平均的な価格であり、塗料や工法によって金額が内外するので注意が必要です。

外壁塗装リフォームに使用される塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4つが主なものです。 最も安価とされるのがアクリル樹脂ですが、価格が安い分耐久年数がやや短く5年から7年とされています。 逆に最も高価なのがフッ素樹脂で、耐久年数が12年から15年と長いこともあって、一般住宅より高層ビルや高層マンションに使用されます。 現在、最も一般住宅に使用されているのがウレタン樹脂です。 ウレタン樹脂は木材との相性が良く扱いやすいこと、また耐久年数が7年から10年とちょうどリフォーム時期と重ねっていることから、長く人気の座についていたのです。 先にあげた平均的な価格も、このウレタン樹脂を使用したものとなっています。 しかし、ここ最近この牙城を脅かす存在となってきたのが、シリコン樹脂です。 シリコン樹脂は非常に丈夫で硬く、そのため剥がれにくいといった特徴を持っています。 耐久年数は10年から13年と長く、ウレタン樹脂より価格が若干高い程度でこの耐久性を持つことから、経済性が高いと人気急上昇中なのです。